よくいただく質問におこたえします

カヌーはやってみたいけれど、なんだか不安。

実際にカヌーをしている方の意見を紹介します!


カヌーって、、、怖くないの?

「カヌーって怖くないの?」と聞かれることがあります。自然が相手のスポーツですし、水が苦手な人も多いですから、当たり前の質問ですよね。

 カヌーに乗って怖いと感じるかどうかは個人差があります。ジェットコースターでもそうですよね。恐いと、気持ち良いは、となり合わせなのかもしれません。水そのものを含めた自然を甘く見ると、大変恐ろしいものになってしまう事は確かでしょう。万が一、ひっくり返って水の中に投げ出されるのが怖いと思う人もいますが、カヌーをするときには、それを前提とした装備(ライフジャケット、ヘルメット等)を身に着けておこないます。

 

 カヌーをする場所の下見や、障害に応じた対応を事前にすることで、安全に楽しむことができると思います。普段の生活にはない視線から見る風景は、恐さ以上の感動があると思いますよ。
(大阪在住:脊椎損傷)


カヌーを体験してみたい!

 障害者がカヌーをする、ということは、そんなに珍しいことではなくなってきました。都道府県によっては、障害者スポーツセンターや、リハビリテーション センター、障害者交流センターなどで、カヌー体験会を実施している例も数多く出てきています。また、アウトドアショップでのカヌー体験会でも、障害者を受け入れてくれる場合も多くあります。

 お近くで、カヌー体験会をおこなっている、アウトドアショップに障害者が参加可能か、お問い合わせ下さい。日本障害者カヌー協会に問合せていただいてもかまいません。その時点で、把握できている、各地の障害者カヌーイベントの情報を案内させてもらいます。

 ポイントは、とにかく、ご自身の状態を伝えていただくことだと思います。それと同時に、懸念事項も、明確に伝えてください。川でカヌーの体験会があっても、トイレの場所や、トイレまでのアクセス、河原での介助体制、カヌー内部のシートの厚みに至るまで、問い合わせてもらえれば、答えられると思います。

 まだ、障害者へのカヌーの指導ができるインストラクターと、参加者がお互いに受け身ではなく、積極的に情報交換をしながら、安全第一でカヌーを体験してください。


カヌーを体験した人の感想は?

 とにかく水の上に浮かぶっていうのは、とても気持ちがいいものです。これは、体験した者の本音です。私は、両足が脳性麻痺のため少し歩行障害がありますが、カヌーに乗って初めて感じた事は、川に住む魚やアメンボから見た景色が、こんなに簡単に自分のものになるんだなぁ、ということでした。

 それから、川の上を自由に動けるようにカヌーの経験者から教えてもらったおかげで、思ったところへカヌーで移動することもでき、日常では得られない開放感と爽快感を味わっています。

 特にツーリングをすると、水の気持ちよさを味わいながら、カヌーの底を泳ぐ魚や次々と変わりゆく情景を楽しむことができ、次はどこにいこうか!?とはや考える位に楽しめるスポーツと思います。どんな障害を持っていても、一度川の上に出てみましょう。きっと楽しいことがあります。そして、新しいモノが見つかりますよ。
(京都府在住:脳性麻痺)


選手になるには?

 まずはカヤックに慣れましょう!健常者の乗る競技用カヤック(スプリント艇)よりは、若干乗りやすいですが健常の人でもすぐに乗りこなせる人は少ないです。

 

 でも大丈夫!まずは、段階を踏んで競技艇に挑戦していきましょう。

 

 そして競技艇に乗り、全力で漕げるようになったら、「選手登録」の為に「日本カヌー連盟」の各地区の委員長に申請し年会費5000円をカヌー連盟の事務所に振り込めばそれで登録完了です。

 国内また国外の大会に出場するには上記手続きが必須となりますので、よろしくお願いいたします。

 

 また当協会とカヌー連盟は別組織であり、当協会への登録は年会費2000円です。

パラカヌー選手として活動していくのであれば当協会への登録は必須ではありませんが、選手としてJPC(日本パラリンピック委員会)より強化育成の助成を受ける為には日本障害者カヌー協会への入会は必須となります。

よって選手として国内外の大会などで活躍していくには、日本カヌー連盟と日本障害者カヌー協会への入会をお願いいたします。

 

 そして今現在、障害者が利用できるカヌーの練習場所は非常に少なく、私たちで協力しあってパラカヌーを作り上げていくことが求められます。

現在、国内にはパラ艇が30艇程です。選手の自艇の数、ナショナルトレーニングセンターに置いている艇と私たち障害者カヌー協会の艇庫においてある分というのが現状です。

 

 レクリエーションのパラカヌー、競技のパラカヌーのどちらも認知・普及していく為には当協会にご参加いただいている皆様のお力が必要です。

是非とも!一緒にパラカヌーを楽しんでいきましょう!

 

完全にバリアフリーな水の上で、一緒に漕ぐ日を楽しみにしています。

 

よろしくお願いいたします!